Tokyo Otaku Modeフォトグラファーが初心者にこそオススメ!確実に写真がよくなる 超簡単!! RAW現像【後編】

Tokyo Otaku Modeのフォトグラファーのハラです。
前回の「RAWの説明」に引き続き、
RAWでの撮影(現像)は難しい!! なんて思い込みにすぎない!(断言)
その理由を「RAWの説明(前編)」「 RAW現像の具体的なやり方(後編)」のふたつに分けて説明していきます。

###2. 実践!! 超簡単RAW現像のやり方(後編)

  • a. ホワイトバランスについて
  • b. 露出について
  • c. コントラストについて
  • d. 彩度について
  • e. a〜dの組み合わせで撮影時のイメージに近づける
  • f. RAW現像まとめ

Read More


スタートアップに適性のある人材が持つ素質と条件

Image
こんにちは。Tokyo Otaku Mode(以下TOM)の坂入です。

今年の5月から縁あってTOMにJoinすることになった私ですが、その前はmixi Inc.で働いていました。mixiと言えば、皆さまご存知の通り、かつて国内ネットサービスに旋風を巻き起こし、「mixi疲れ」なる流行語まで生み出したSNSを生み出し、現在は「モンスターストライク(モンスト)」の大ヒットで再び注目を集めている大手インターネットサービス企業です。

私はそこに新卒から約7年というIT業界にしては比較的長い期間在籍していました。mixiに入社した2007年当時は東証マザーズへの上場翌年で、注目の「新興IT企業」として頻繁にメディアで話題になっていたことを覚えています。実はmixiは、1997年に求人サービスの「Find Job!」を立ち上げ、その2年後にイー・マーキュリーという社号で会社を設立しているため、決して新興企業というわけではなかったのですが、SNS「mixi」が単体で大きな注目を集めていたことで、そのような取り上げられ方をされていたのでしょう。

いまとなっては複数のグループ会社を抱え、いわゆる大企業に分類されるまでに成長したmixiも、2007年当時は100人にも満たない従業員数で、世間的に見ればまだまだ「ベンチャー」「スタートアップ」といった冠の付く企業でした。その後の3~4年間で、SNS「mixi」のユーザー急拡大に合わせるように、会社や組織は急激に成長。その過程でさまざまな経験を重ねることができました。もちろん、そこで得られた経験はいまも私のなかで大きな財産となっています(さらにその後の停滞期~再成長期に至る過程でも非常に面白い経験をできましたが、これに関しては主題と外れるため割愛します)。

TOMという本当の意味でのスタートアップに参画することになったとき、やはり入社前は人並みに「どんな人が集まっているのだろう」「なじめるだろうか」と一抹の不安も抱えていたわけですが、いざ飛び込んでみると人も会社も前職の雰囲気(とくに2007年から数年)に近いものを感じることができました。そしてその悩みが杞憂に終わったあと、今度は成長中のスタートアップに集まる人材にはなにか共通点があるのでは?と考えるようになりました。

今回のブログでは、そんな前職での経験ならびにTOMに入って半年経過した現在の印象、そしてこれまで出会ったスタートアップで活躍する方々からお聞きした話を踏まえ、「スタートアップに適性のある人が持つ素質と条件」についてお話していきたいと思います。

Image

###目次

  1. 情報感度が高い
  2. 変化を恐れない(むしろ楽しめる)
  3. 自社のミッションや事業に共感できる
  4. 多様性のある価値観を共有できる
  5. スペシャリストと変わりモノ
  6. サークル・イベント好き

Read More


学生目線だからこそ気づけるTOMの魅力とパワー

Image※イメージ画像です

こんにちは。Tokyo Otaku Mode(以下TOM)インターンの湯河です。私は今年8月より、グローバルインターンとしてTOMに仲間入りし、週に2回、オフィスでマーケティングチームの一員として仕事をしています。所属するグローバルチームのメンバーは全世界に点在しており、アメリカ、スペイン、ドイツ、シンガポール、台湾とまさに「グローバル」。チームのほかのメンバーはリモートワークをしていますが、私は東京在住なので表参道のオフィスに通っています。

私はまだ学生ですが、通算4年近くの留学経験があります。帰国当初、とくに打ち込むものがなく宙ぶらりんの状況だった私は、ひょんなきっかけでTOMの存在を知り、それが数々の変化と刺激を与えてくれるとても大切な出会いになりました。メンバーとしてジョインしたいまでも、就職活動中の私にたくさんのことを考えさせてくれる、かけがえのない存在です。今回は、TOMのインターンとして気づいたこと、得られたスキル、感じることのできたTOMの面白さなどをシェアしたいと思います。学生ならではの視点で、学生らしく、書かせていただきます。

Read More


優れたWebサービスを作るために知っておきたい、UIを構成する5つの基礎的な要素

image
悩み多きディレクターの皆様。
こんにちは。Tokyo Otaku Mode (以下TOM)ディレクターの青芝です。

Webサービスを考えるうえで、誰もが一度は頭を悩ませる UI (User Interface)。 User Interface(ユーザーインターフェイス)とは、ユーザーがWebサービスを利用するうえで直接操作する画面のことを指しますが、ひと言で「UI」と言っても、そこには文字や画像の見せ方、マウスのクリックや指のタッチに反応したときの動き、画面全体のレイアウトなど、さまざまな構成要素がかかわってきます。

それら一つひとつの性格や特徴を考慮し、しっかりと設計しておかなければ、使いやすいWebサービスを作ることはできません。今回は、WebサービスのUIを考える際に知っていると役立つ知識のなかから、基礎的な5つの要素を紹介していきます。

  • 正しい文章構造について
  • 人の感情を動かす色について
  • バランスの良い配色について
  • 気持ちの良い比率について
  • トレンドを踏まえた設計について

よくできたUIは、これらの要素を吟味して上手に組み立てられた最高の料理とも言えます。UIを構成する基本的な要素を理解して、最高のレシピを作れるようになりましょう!

Read More


出会い系サイトからビジネスを学べ!?世界一のベンチャーが教えるグロースハック術

image
前回は、爆発的急成長を遂げたGrouponのビジネステクニックを紹介させていただきました。今回はなんと、「出会い系サイト」であるTinderからグロースハック術を学びます。会員がアクティブユーザーでないと成り立たない出会い系サイト。彼らのサービスは、コンテンツの質がユーザーの質と直接関係してくるもの。南カリフォルニア発の、1000万人のユーザーを持つTinder。そのメソッドは必見です。

※この記事は、Quora(米国のQ&Aサイト)に投稿されたものを、私たちTokyo Otaku Modeが日本語に翻訳したものです。執筆者はMarkus KirjonenさんというUIデザイナーの方で、スタートアップについて多く書かれています。私たちはMarkusさんから許可をいただき、この投稿を日本語に翻訳して日本で発信する機会を得ることができました。合計6回にわたり、有名スタートアップ企業がどんな方法で新規ユーザーを手に入れたのかについて、実例をもとに紹介していきます。

第一回:Dropbox編 / 第二回:Quora/reddit編 / 第三回:Foursquare編 / 第四回:Groupon

Read More


“幸せなインターン”がそこにはあった―TOMがくれた価値ある1年―

image
こんにちは!
Tokyo Otaku Mode(以下TOM)で昨年から学生のインターンシップ生としてお世話になっている芦田ゆきのです。

最近、徐々に知名度が上がり、日増しに存在感を高めているTOMに対して、興味を持ってくださる学生さんが増えてきました。私も何度か知人から問い合わせを受けています。

そこで、今回は「“幸せなインターン”がそこにはあった―TOMがくれた価値ある1年―」と題し、TOMで学生インターンになるとなにができるのかについて、私自身の経験から得た話をしていきたいと思います。

Read More


Tokyo Otaku Modeフォトグラファーが初心者にこそオススメ!確実に写真がよくなる 超簡単!!RAW現像【前編】

Tokyo Otaku Mode(以下、TOM)のフォトグラファーのハラです。
ふだんはTOMが運営するECサイトの商品写真の撮影を担当しています。
先週のことでした……。
大きな台風が去り、気持ちよく晴れた秋の日、いつものように商品の写真を撮っていた
僕は突然
に落ちました」
息がつまりそうになり、胸の鼓動だけがやけに大きく聴こえ、
暖かく優しい光に包まれ、目の前の世界が真っ白になりました。

image

それは僕だけではなく、彼女も同じことを感じているようでした……。
前回このブログで
いい写真を撮るのは難しい!! なんて思い込みにすぎない!断言しました。
(興味のある方はこちらもお読みください)

今回はRAWでの撮影(現像)について書こうと思います。
僕は15年間プロのフォトグラファーとして活動していますが、RAWでの撮影に関してこんな声をよく聞きます。
「RAWで撮影ですか…難しそうですね…データも大きくて大変そうですね…やっぱりプロは違うなー」

いやいやいやいや! RAWでの撮影こそ、もっといい写真を撮りたい初心者の方に強くオススメしたいです。
今回も言います。
RAWでの撮影(現像)は難しい!! なんて思い込みにすぎない!(断言

その理由を「RAWの説明」「 RAW現像の具体的なやり方」のふたつに分けて説明していきます。

Read More


Groupon大成功の背景にあった、絶対に学ぶべき3つのこと

Image
みなさんは、Grouponを利用した事があるでしょうか。一時期大々的な宣伝を街で行っていおり、インターネット上の広告枠でも名前を見たことがあるかもしれません。このGroupon、発祥はシカゴのオフィスの一角から。共同購入にはユーザーが不可欠です。彼らの取ったユーザー獲得方法から、今回はビジネスヒントをもらいましょう。

※この記事は、Quora(米国のQ&Aサイト)に投稿されたものを、私たちTokyo Otaku Modeが日本語に翻訳したものです。執筆者はMarkus KirjonenさんというUIデザイナーの方で、スタートアップについて多く書かれています。私たちはMarkusさんから許可をいただき、この投稿を日本語に翻訳して日本で発信する機会を得ることができました。合計6回にわたり、有名スタートアップ企業がどんな方法で新規ユーザーを手に入れたのかについて、実例をもとに紹介していきます。

第一回:Dropbox編 / 第二回:Quora/reddit編 / 第三回:Foursquare編

Read More


5分で誰でもできる!FlydataではじめるRedshift

Tokyo Otaku Modeでは、メール配信や広告配信ログ、ユーザーアクションログなどをRedshiftに保存しています。そこから集計を行い、A/Bテストの判定に利用したり、社内管理ツールで結果を出力してマーケティングに活用したりしています。

Redshiftについては、「Amazon Redshiftではじめるビッグデータ処理入門」に詳しいので、そちらをご参照ください。

TOMがビッグデータを処理するソリューションとしてRedshiftを採用した大きな理由のひとつに、PostgreSQL互換のインターフェースが用意されている点があります。クライアントとしてpsql, JDBC, ODBCなど汎用的で枯れたものが利用できるので、システムの連携をとるのがとても簡単です(Node.jsの場合はnode-postgresなどが利用できます)。また、SQLがそのまま使え、学習コストが低い点もメリットと言えます。

さらに、Flydataを利用すれば、FluendやKinesisの面倒な設定すら不要になり、ほぼいきなりRedshiftを使うことも可能です。

今回は、いままでRedshiftに触れたことのない方でも、Flydataを使って5分でログの継続アップロードから集計まで行える方法を解説したいと思います。

Read More


これがシリコンバレー流グロースハック! 未開拓のチェックインシステムで勝者になれ。

Image

Foursquare Tokyo Meetup_004 by TAKA@P.P.R.S on Flickr

この記事は、Quora(米国のQ&Aサイト)に投稿されたものを、私たちTokyo Otaku Modeが日本語に翻訳したものです。執筆者はMarkus KirjonenさんというUIデザイナーの方で、スタートアップについて多く書かれています。私たちはMarkusさんから許可をいただき、この投稿を日本語に翻訳して日本で発信する機会を得ることができました。合計6回にわたり、有名スタートアップ企業がどんな方法で新規ユーザーを手に入れたのかについて、実例をもとに紹介していきます。

今回は、前2回(Dropbox編 / Quora/reddit編)とは少し角度を変えて、スマートフォンの普及に伴い成長を続ける位置情報サービスにターゲットを絞った記事となっています。Foursquareというアプリをご存知でしょうか。チェックイン、というアクティビティは主にFacebookなどでも注目を集めていますが、そのチェックインに特化したアプリ、Foursquareが爆発的にヒット。今では4500万人ものユーザーを持つアプリとなりました。今回は、そのアプリの成長過程からビジネスヒントをもらいましょう。

Read More