優れたWebサービスを作るために知っておきたい、UIを構成する5つの基礎的な要素

image
悩み多きディレクターの皆様。
こんにちは。Tokyo Otaku Mode (以下TOM)ディレクターの青芝です。

Webサービスを考えるうえで、誰もが一度は頭を悩ませる UI (User Interface)。 User Interface(ユーザーインターフェイス)とは、ユーザーがWebサービスを利用するうえで直接操作する画面のことを指しますが、ひと言で「UI」と言っても、そこには文字や画像の見せ方、マウスのクリックや指のタッチに反応したときの動き、画面全体のレイアウトなど、さまざまな構成要素がかかわってきます。

それら一つひとつの性格や特徴を考慮し、しっかりと設計しておかなければ、使いやすいWebサービスを作ることはできません。今回は、WebサービスのUIを考える際に知っていると役立つ知識のなかから、基礎的な5つの要素を紹介していきます。

  • 正しい文章構造について
  • 人の感情を動かす色について
  • バランスの良い配色について
  • 気持ちの良い比率について
  • トレンドを踏まえた設計について

よくできたUIは、これらの要素を吟味して上手に組み立てられた最高の料理とも言えます。UIを構成する基本的な要素を理解して、最高のレシピを作れるようになりましょう!

Read More


出会い系サイトからビジネスを学べ!?世界一のベンチャーが教えるグロースハック術

image
前回は、爆発的急成長を遂げたGrouponのビジネステクニックを紹介させていただきました。今回はなんと、「出会い系サイト」であるTinderからグロースハック術を学びます。会員がアクティブユーザーでないと成り立たない出会い系サイト。彼らのサービスは、コンテンツの質がユーザーの質と直接関係してくるもの。南カリフォルニア発の、1000万人のユーザーを持つTinder。そのメソッドは必見です。

※この記事は、Quora(米国のQ&Aサイト)に投稿されたものを、私たちTokyo Otaku Modeが日本語に翻訳したものです。執筆者はMarkus KirjonenさんというUIデザイナーの方で、スタートアップについて多く書かれています。私たちはMarkusさんから許可をいただき、この投稿を日本語に翻訳して日本で発信する機会を得ることができました。合計6回にわたり、有名スタートアップ企業がどんな方法で新規ユーザーを手に入れたのかについて、実例をもとに紹介していきます。

第一回:Dropbox編 / 第二回:Quora/reddit編 / 第三回:Foursquare編 / 第四回:Groupon

Read More


“幸せなインターン”がそこにはあった―TOMがくれた価値ある1年―

image
こんにちは!
Tokyo Otaku Mode(以下TOM)で昨年から学生のインターンシップ生としてお世話になっている芦田ゆきのです。

最近、徐々に知名度が上がり、日増しに存在感を高めているTOMに対して、興味を持ってくださる学生さんが増えてきました。私も何度か知人から問い合わせを受けています。

そこで、今回は「“幸せなインターン”がそこにはあった―TOMがくれた価値ある1年―」と題し、TOMで学生インターンになるとなにができるのかについて、私自身の経験から得た話をしていきたいと思います。

Read More


Tokyo Otaku Modeフォトグラファーが初心者にこそオススメ!確実に写真がよくなる 超簡単!!RAW現像【前編】

Tokyo Otaku Mode(以下、TOM)のフォトグラファーのハラです。
ふだんはTOMが運営するECサイトの商品写真の撮影を担当しています。
先週のことでした……。
大きな台風が去り、気持ちよく晴れた秋の日、いつものように商品の写真を撮っていた
僕は突然
に落ちました」
息がつまりそうになり、胸の鼓動だけがやけに大きく聴こえ、
暖かく優しい光に包まれ、目の前の世界が真っ白になりました。

image

それは僕だけではなく、彼女も同じことを感じているようでした……。
前回このブログで
いい写真を撮るのは難しい!! なんて思い込みにすぎない!断言しました。
(興味のある方はこちらもお読みください)

今回はRAWでの撮影(現像)について書こうと思います。
僕は15年間プロのフォトグラファーとして活動していますが、RAWでの撮影に関してこんな声をよく聞きます。
「RAWで撮影ですか…難しそうですね…データも大きくて大変そうですね…やっぱりプロは違うなー」

いやいやいやいや! RAWでの撮影こそ、もっといい写真を撮りたい初心者の方に強くオススメしたいです。
今回も言います。
RAWでの撮影(現像)は難しい!! なんて思い込みにすぎない!(断言

その理由を「RAWの説明」「 RAW現像の具体的なやり方」のふたつに分けて説明していきます。

Read More


Groupon大成功の背景にあった、絶対に学ぶべき3つのこと

Image
みなさんは、Grouponを利用した事があるでしょうか。一時期大々的な宣伝を街で行っていおり、インターネット上の広告枠でも名前を見たことがあるかもしれません。このGroupon、発祥はシカゴのオフィスの一角から。共同購入にはユーザーが不可欠です。彼らの取ったユーザー獲得方法から、今回はビジネスヒントをもらいましょう。

※この記事は、Quora(米国のQ&Aサイト)に投稿されたものを、私たちTokyo Otaku Modeが日本語に翻訳したものです。執筆者はMarkus KirjonenさんというUIデザイナーの方で、スタートアップについて多く書かれています。私たちはMarkusさんから許可をいただき、この投稿を日本語に翻訳して日本で発信する機会を得ることができました。合計6回にわたり、有名スタートアップ企業がどんな方法で新規ユーザーを手に入れたのかについて、実例をもとに紹介していきます。

第一回:Dropbox編 / 第二回:Quora/reddit編 / 第三回:Foursquare編

Read More


5分で誰でもできる!FlydataではじめるRedshift

Tokyo Otaku Modeでは、メール配信や広告配信ログ、ユーザーアクションログなどをRedshiftに保存しています。そこから集計を行い、A/Bテストの判定に利用したり、社内管理ツールで結果を出力してマーケティングに活用したりしています。

Redshiftについては、「Amazon Redshiftではじめるビッグデータ処理入門」に詳しいので、そちらをご参照ください。

TOMがビッグデータを処理するソリューションとしてRedshiftを採用した大きな理由のひとつに、PostgreSQL互換のインターフェースが用意されている点があります。クライアントとしてpsql, JDBC, ODBCなど汎用的で枯れたものが利用できるので、システムの連携をとるのがとても簡単です(Node.jsの場合はnode-postgresなどが利用できます)。また、SQLがそのまま使え、学習コストが低い点もメリットと言えます。

さらに、Flydataを利用すれば、FluendやKinesisの面倒な設定すら不要になり、ほぼいきなりRedshiftを使うことも可能です。

今回は、いままでRedshiftに触れたことのない方でも、Flydataを使って5分でログの継続アップロードから集計まで行える方法を解説したいと思います。

Read More


これがシリコンバレー流グロースハック! 未開拓のチェックインシステムで勝者になれ。

Image

Foursquare Tokyo Meetup_004 by TAKA@P.P.R.S on Flickr

この記事は、Quora(米国のQ&Aサイト)に投稿されたものを、私たちTokyo Otaku Modeが日本語に翻訳したものです。執筆者はMarkus KirjonenさんというUIデザイナーの方で、スタートアップについて多く書かれています。私たちはMarkusさんから許可をいただき、この投稿を日本語に翻訳して日本で発信する機会を得ることができました。合計6回にわたり、有名スタートアップ企業がどんな方法で新規ユーザーを手に入れたのかについて、実例をもとに紹介していきます。

今回は、前2回(Dropbox編 / Quora/reddit編)とは少し角度を変えて、スマートフォンの普及に伴い成長を続ける位置情報サービスにターゲットを絞った記事となっています。Foursquareというアプリをご存知でしょうか。チェックイン、というアクティビティは主にFacebookなどでも注目を集めていますが、そのチェックインに特化したアプリ、Foursquareが爆発的にヒット。今では4500万人ものユーザーを持つアプリとなりました。今回は、そのアプリの成長過程からビジネスヒントをもらいましょう。

Read More


モダンな情報共有ツール esa.ioを2カ月超使ったのでβ前に紹介するよ

esa.io

Tokyo Otaku Mode(以下TOM)でエンジニアをやっているpchwです。 今回は情報共有ツールのお話をさせていただきます。 TOMの開発チームは、創業当初は数人で構成されていたのですが、最近ではフルタイムでないメンバーも含めてかなり人数が増えました。 少人数であればある程度自然に情報共有できるものの、人数が多くなってくると持っている情報量に差が出てきて、なかなかスムーズに共有を図ることができなくなります。 そこで頼りになるのが、情報共有ツールというわけです。現在、TOMの開発チーム内では情報共有のためにesa.ioというサービスを使っています。

  • なぜesa.ioを使うようになったのか?
  • esa.ioとはどういうものなのか?
  • esa.ioは他の情報共有プラットフォームと比べてなにが違うのか?

これらの点を踏まえつつ、esa.ioを紹介していきます。ぜひ参考になさってください。

Read More


たった5分でわかる!電子署名システム「RightSignature」入門

image

 こんにちは、Tokyo Otaku Modeの小高(こだか)です。僕はもともと証券会社に勤めており、その後ITベンチャーからTokyo Otaku Modeを始めるという謎の遍歴を持ち、いろいろな業界でさまざまな仕事を経験してきました。今回は、そのなかでも便利だなーと思った業務効率化ツールを紹介したいと思います。僕はエンジニアではないので、内容的にはいつものテックブログとテイストが異なりますが、ぜひご一読ください!

Read More


元Facebook CTOが教えるQuora活性化&あまり知られていないreddit成功の秘密

Image

この記事は、Quora(米国のQ&Aサイト)に投稿されたものを、私たちTokyo Otaku Modeが日本語に翻訳したものです。執筆者はMarkus KirjonenさんというUIデザイナーの方で、スタートアップについて多く書かれています。私たちはMarkusさんから許可をいただき、この投稿を日本語に翻訳して日本で発信する機会を得ることができました。合計6回にわたり、有名スタートアップ企業がどんな方法で新規ユーザーを手に入れたのかについて、実例をもとに紹介していきます。

今回のケーススタディは、Quoraとredditです。前回のDropbox編では、サービスを新規ユーザーに定着させるためのテクニックを紹介しました。しかしながら、コンテンツ共有がメインのウェブサイトを運営する多くの人は、ほどなくしてウェブページの過疎状態という問題に直面します。まさに、最初にぶつかる壁です。人が集まれば集まるほど、ユーザー同士の交流が活性化し、より重厚なコンテンツとなっていくウェブサイトで、ユーザーの交流やコミットメントを促進するにはどうしたらいいのか……。今回はQuoraとredditを通して、その秘密を探っていきましょう。

Read More